トップページ >

お知らせ

2016年11月29日 勉強会の情報を更新しました。
2016年10月12日 第4回 愛知災害薬事研修会(PhDLS)プロバイダーコースのお知らせ


日  時: 平成28年12月11日(日)8 時 50 分~17 時 00 分
表  題: 第4回 愛知災害薬事研修会(PhDLS)プロバイダーコース
場  所: 名古屋掖済会病院 救命センター4F講堂
参加費用: 6,000円
      (申込方法は勉強会ページ本研修会表題横【詳細はこちら】を押して下さい)
主  催: 名古屋掖済会病院 防災・災害対策委員会
共  催: 一般社団法人 日本集団災害医学会
後  援: 愛知県、愛知県医薬品卸協同組合、愛知県病院薬剤師会、名古屋市薬剤師会
      

2016年9月28日 平成28年度「薬剤業務一般に関するアンケート」調査依頼

案内(PDF形式書類)
メール添付による回答用ファイル(エクセル形式書類)
FAXによる回答ファイル(PDF形式書類)

2016年9月27日 一般社団法人 日本TDM学会 第51回セミナーのお知らせ

日本TDM学会より第51回セミナーのお知らせがありました。

日  時: 平成29年1月28日(土)12 時 30 分~17 時 30 分
表  題: 一般社団法人 日本TDM学会 第51回セミナー
      テーマ:薬剤師の業務・研究の展開にTDMの考え方を活かそう
場  所: 名城大学大学薬学部 八事キャンパス新3号館2階(名古屋市天白区八事山150)
参加費用: TDM学会会員 無料、非会員 1,500 円
      (事前申込が必要です。10月1日受付開始 詳細は勉強会ページを参照ください)
主  催: 一社 日本TDM学会
後  援: 一社 愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、静岡県病院薬剤師会、
      岐阜県病院薬師会
      

2016年9月14日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、PDFファイルをご覧ください。
平成28年熊本県熊本地方の地震における医療用麻薬の県境移動の取扱い等の廃止について

2016年9月1日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、通知本文をご覧ください。
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知)

2016年8月10日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、通知本文をご覧ください。
上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤を投与する際の間質性肺疾患に関する留意点について(通知)

2016年7月5日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より以下の2点について情報提供がありました。
詳しくは、それぞれの通知本文をご覧ください。
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知)
指定薬物として新規に指定される物質を含有する製品の取り扱いについて

2016年6月16日 認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ(WS)・講習会の日程について

平成28年度の認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ(WS)・講習会の日程については、
一社・薬学教育協議会 病院薬局実務実習 東海地区調整機構のホームページに掲載されています。 尚、WSについては人数も限られるため、詳しくは各支部長へご確認ください。

勉強会開催予定情報

詳細はこちら

掲載依頼ページ

2016年12月10日() 14:00-16:30
2016年12月11日() 8:50-17:00
2016年12月13日(火) 19:00-20:45
2016年12月16日(金) 19:00-21:00
2016年12月17日() 13:40-16:40
2016年12月18日() 14:00-17:30
2016年12月23日(金/祝) 14:00-17:30
2017年1月17日(火) 19:00-20:45
2017年1月28日() 12:30-17:30
日時2016年12月10日(土)14:00-16:30
場所ウインクあいち 9F 902会議室
参加費500円
共催一般社団法人 愛知県病院薬剤師会、MSD株式会社
主な内容13:50-14:00 【製品紹介】抗MRSA治療剤 「キュビシン」 MSD株式会社

総合司会  中部ろうさい病院 中根 茂喜 先生
14:00-14:05 開会のご挨拶  碧南市民病院 板倉 由縁 先生

14:05-15:20 パネルディスカッション(発熱性好中球減少症の症例検討)
パネリスト
西知多総合病院 小林 義和 先生
名古屋セントラル病院 坂野 昌志 先生
愛知医科大学病院 築山 郁人 先生
東部医療センター 佐藤 由美子 先生

① がん患者における感染症の症例提示(尿管がん)
  トヨタ記念病院   荒川 裕貴 先生
② がん患者における感染症の症例提示(大腸がん)
中部ろうさい病院   山口 智江 先生

15:20-16:20
特別講演  座長: 碧南市民病院 板倉 由縁 先生
『がん患者の感染症』
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター センター長 大曲 貴夫 先生

16:20~16:30 成果報告書作成
認定本会は日本病院薬剤師会が認定する「感染制御専門・認定薬剤師認定講習会」および病院薬学認定薬剤師制度Ⅳ-領域『感染制御・管理』、
(一社)愛知県病院薬剤師会認定の日本病院薬剤師会生涯研修認定制度、日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度を予定しております。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419894!2d136.88430751529788!3d35.170637380316634!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1468201315087"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年12月11日(日)8:50-17:00
場所名古屋掖済会病院 救命センター4F講堂
参加費6,000円
(申込み方法については、この表題の【詳細はこちら】をクリックしてください。)
主催名古屋掖済会病院 防災・災害対策委員会
共催一般社団法人 日本集団災害医学会
後援愛知県、愛知県医薬品卸協同組合、愛知県病院薬剤師会、名古屋市薬剤師会
主な内容* 我が国の災害医療体制

* 災害対応の原則、薬事支援の原則

* 救護所での薬剤師としての情報収集と報告

(机上シミュレーション)

* フィジカルアセスメント・問診

* 災害時における薬事トリアージ(実技)

* 災害時、法遵守により生じる混乱事案
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m16!1m12!1m3!1d26112.25096518186!2d136.86005975842818!3d35.105927541259085!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!2m1!1z5ZCN5Y-k5bGL5o6W5riI5Lya55eF6ZmiIOaVkeWRveOCu-ODs-OCv-ODvA!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1476240402901"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年12月13日(火)19:00-20:45
場所愛知県産業労働センター ウインクあいち9階902号
参加費500円
主催愛知県病院薬剤師会がん部会
共催愛知県病院薬剤師会/小野薬品株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
主な内容がん免疫療法における多職種連携によるリスクマネジメント
九州大学病院 薬剤部 副薬剤部長 渡邊 裕之 先生
認定日病薬病院薬学認定薬剤師制度(Ⅲ-2予定) 1単位
日本薬剤師研修センター 1単位
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419985!2d136.88430751552437!3d35.17063738031641!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1475478417832"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年12月16日(金)19:00-21:00
場所ウインクあいち 13階 1301号室
参加費500円
申込要申込(定員50名,申込み先はPDFの案内を参照下さい)
共催愛知県病院薬剤師会、吉富薬品(株)
主な内容「精神科医の処方からうつ病治療の戦略を読み取る」
  弘前大学大学院医学研究科 精神神経医学講座
  准教授  古郡 規雄 先生
認定本会は、日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度(1単位)または日病薬病院薬学認定薬剤師制度(III-1),
愛病薬生涯研修制度(0.75単位)の認定研修として申請予定です。
また、精神科薬物療法認定薬剤師講習会(0.75単位、1.5時間)として申請中です。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419985!2d136.88430751552437!3d35.17063738031641!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1475478417832"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年12月17日(土)13:40-16:40
場所ウインクあいち 11F 1101会議室
参加費500円
共催一社・愛知県病院薬剤師会、大日本住友製薬株式会社
主な内容13:40-13:50 製品紹介

13:50-14:00 開会のご挨拶
愛知県病院薬剤師会 感染制御部会部会長
安城更生病院 薬剤部 奥平正美先生

14:00-15:00 特別講演
座長:東京女子医科大学病院薬剤部 副部長 浜田幸宏先生

『薬剤師に求められる微生物検査の知識と活用』
奈良県立医科大学感染症センター 准教授 笠原敬先生

15:10-16:30
パネルディスカッション
『ICTラウンド(抗菌薬/環境)における薬剤師の役割』
座長:愛知医科大学病院 感染制御部 森 健 先生
   公立西知多総合病院 薬剤科 小林 義和 先生
パネリスト:名古屋セントラル病院 薬剤科 坂野 昌志 先生
      名古屋市立大学病院 薬剤部 塩田 有史 先生
      安城更生病院 薬剤部 奥平 正美 先生

16:30-16:40
確認テスト
認定本会は日本病院薬剤師会が認定する感染制御専門・認定薬剤師認定講習会(1単位)
および病院薬学認定薬剤師制度Ⅲ-2領域 (0.5単位)、Ⅴ-2(0.5単位)(一社)愛知県病院薬剤師会認定の日本病院薬剤師会生涯研修認定制度、
日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度を予定しております。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419894!2d136.88430751529788!3d35.170637380316634!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1468201315087"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年12月18日(日)14:00-17:30
場所名古屋大学医学部基礎研究棟 第4講義室
参加費500円、学生 無料(学生証をご提示ください)
定員200名
申込方法表題の【詳細はこちら】に申込用紙がありますので、FAXでお申し込みしてください。
以下のサイトからも参加申込用紙を入手できます。
名大病院薬剤部Webサイト
共催地域連携薬剤管理指導研究会, 愛知県病院薬剤師会、特定非営利活動法人 医薬品適正使用推進機構, Meiji Seikaファルマ株式会社
後援愛知県薬剤師会, 名古屋市薬剤師会, 日本薬剤師研修センター
主な内容14:00-14:05 【開会の辞】
愛知学院大学薬学部 渡邉法男

14:05-14:50 【会員報告】
座長: このみ薬局 瀧藤重道
薬局におけるプレアボイド事例収集
愛知県薬剤師会 調剤過誤分科会 梶浦宏太郎 先生

14:50-16:20 【教育講演】「精神疾患患者に対する薬物治療について」
座長: 京ヶ峰岡田病院 関 壮史
精神科病院門前薬局の役割と取り組み
(14:50-15:35)
ハーブ株式会社 Clobal ハーブ調剤薬局稲沢店 管理薬剤師 大岩眞二 先生
(15:35-16:20)
病院薬剤師による精神疾患患者に対する薬物療法支援
医療法人静心会 桶狭間病院 藤田こころケアセンター 薬剤部長 宇野準二 先生

16:20-16:30 休憩

16:30-17:30 【特別講演】
座長: 名城大学薬学部 野田幸裕
統合失調症診療における薬剤師の方々との連携
名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎紀夫 先生

17:30- 【閉会の辞】
金城学院大学薬学部 網岡克雄
認定以下の認定制度の単位取得を予定しています。ただし、同時取得はできません。
・日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師制度 Ⅳ-1(0.5単位), Ⅲ-2(1.5単位)
・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度 2単位
PALS研修会コードはありません。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.9266923269397!2d136.91949195088384!3d35.15844896597543!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600370be056e345f%3A0x8c9b09c2b77cb552!2z5ZCN5Y-k5bGL5aSn5a2m5Yy75a2m6YOo6ZmE5bGe55eF6Zmi!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1477025003901"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年12月23日(金)14:00-17:30
場所ウインクあいち 1002号室
参加費500円
先着60名(主に薬剤師歴5年目までの先生を対象)
申込方法2016年11月22日から東海地区感染制御(TRICSG)研究会ホームページ(tokaikansen.com)で申込み開始予定。
共催東海地区感染制御研究会 愛知県病院薬剤師会 岐阜県病院薬剤師会 三重県病院薬剤師会 MSD株式会社
後援静岡県病院薬剤師会
主な内容14:00-14:15
開会のご挨拶 「抗菌薬適正使用における薬剤師への期待」
東海地区感染制御研究会 代表世話人
四日市羽津医療センター 薬剤科 片山 歳也 先生

14:15-17:15
総合司会
静岡県立静岡がんセンター 薬剤部 望月 敬浩 先生
鈴鹿中央総合病院 薬剤部 森 章哉 先生

『 感染性心内膜炎 』 Short Lecture
愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁 先生
愛知医科大学病院 感染症科 准教授 山岸 由佳 先生

17:15-17:30
確認テスト
閉会のご挨拶 「本日のまとめ」
岐阜大学医学部附属病院 薬剤部 丹羽 隆 先生
認定本会は日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会で、「感染制御専門・認定薬剤師認定更新単位」(申請中)、
日病薬病院薬学認定薬剤師制度 Ⅳ-2 領域「感染制御・管理」(申請中)、
(一社)愛知県病院薬剤師会・岐阜県病院薬剤師会・三重県病院薬剤師会・静岡県病院薬剤師会認定の
日本病院薬剤師会生涯研修認定制度(申請中) に該当致します。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419894!2d136.88430751529788!3d35.170637380316634!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1468201315087"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2017年1月17日(火)19:00-20:45
場所グリーンパレス春日井 3階 第9会議室
参加費会員以外で参加される方は、当日1,000円徴収させて頂きます
共催愛知県病院薬剤師会/大日本住友製薬株式会社
主な内容『最新の弁膜症カテーテル治療TAVIについて ~90歳でも歩いて帰れます~』
演者 名古屋徳洲会総合病院 循環器内科 医長 田中 昭光 先生
認定日病薬病院薬学認定薬剤師研修制度(領域V-2)もしくは日本薬剤師研修センター生涯研修で1単位、愛知県薬剤師会生涯研修制度で0.75単位
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3257.3687333407743!2d136.9896155508864!3d35.27195745981904!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60036d904cb9a68d%3A0x3eeaa553e4d7714e!2z44Kw44Oq44O844Oz44OR44Os44K55pil5pel5LqV!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1477442051449"></iframe><br />

大きな地図で見る

テーマ薬剤師の業務・研究の展開にTDMの考え方を活かそう
日時2017年1月28日(土)12:30-17:30
場所名城大学大学薬学部 八事キャンパス新3号館2階(名古屋市天白区八事山150)
参加費TDM 会員 無料、非会員 1,500 円
(10月1日受付開始。申込み方法等詳細については、表題の【詳細情報はこちら】をご確認ください。)
主催一社 日本TDM学会
後援一社 愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、静岡県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会
主な内容【プログラム】

12:30-12:35 開会挨拶 奥田 真弘(三重大学医学部附属病院 日本TDM学会理事)

12:35-13:20 巻頭講演(大学教員と病院薬剤師のパートナーシップ)

座長:名城大学薬学部薬学教育開発センター 長谷川 洋一

「薬剤師・臨床系教員の協働連携によるTDM研究活動のさらなる活性化」

演者:安城更生病院 教育研修・臨床研究支援センター 三浦 崇則

目的:病院薬剤師がTDMに関する研究活動をする際に臨床系教員とどのような協働連携をしたら発展的研究ができるのか
クリニカル・アカデミック・ジョイントワークショップに繋げる話題提供を目的とします。

13:20-15:10 スキルアップワークショップ(症例から学ぶ)

 ナビゲーター: 名古屋共立病院薬剤部 穂積 廣

 ナビゲーター: 安城更生病院薬剤部 万塩 裕之

「症例から治療に活かす薬物モニタリングとアセスメントを学ぶ」

目的:計算だけではないTDMの視点を意識することで、薬学的なアセスメントを充実させる方法を提案するワークショップです。
大学で得たTDMの“知識”を処方監査から病棟業務、医師とのディスカッションにおいて活かせる実践的な“技術”に還元することを目的とします。

15:10-15:20 休憩

15:20-16:30 クリニカル・アカデミック・ジョイントワークショップ

(現場におけるTDM領域の問題点の提起と発展のためのワークショップ)

座長: 海南病院 薬剤部 杉浦洋二

1グループ9名程度

目的:病院薬剤師がTDMに関する研究活動をする際に臨床系教員とどのような協働連携をしたら発展的研究ができるのか、
また自院にTDMに関する指導者が不在の場合、ヒューマンネットワークをどのように築いてTDMを業務に活用するのか・・
などなど、今困っていることをグループのテーマとしてディスカッションし、情報の共有を目的とします。

16:30-17:20 特別講演

座長:愛知学院大学薬学部医療薬学科薬物動態学講座 浦野 公彦

演者:三重大学医学部付属病院薬剤部 准教授・副薬剤部長
     岩本 卓也 先生

演題:TDMを活用した疑義照会、処方設計支援、そしてエビデンス構築

目的:若い薬剤師がTDMをフル活用した業務・研究の展開ができることを目的とします。

17:20-17:25 閉会挨拶
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3262.7797383655266!2d136.9675642155987!3d35.13716978032473!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60037adb218a2747%3A0xf7a9c99fae9a1eeb!2z5ZCN5Z-O5aSn5a2m6Jas5a2m6YOo!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1473304868248"></iframe><br />

大きな地図で見る