トップページ >

お知らせ

2016年9月28日 平成28年度「薬剤業務一般に関するアンケート」調査依頼

案内(PDF形式書類)
メール添付による回答用ファイル(エクセル形式書類)
FAXによる回答ファイル(PDF形式書類)

2016年9月27日 一般社団法人 日本TDM学会 第51回セミナーのお知らせ

日本TDM学会より第51回セミナーのお知らせがありました。

日  時: 平成29年1月28日(土)12 時 30 分~17 時 30 分
表  題: 一般社団法人 日本TDM学会 第51回セミナー
      テーマ:薬剤師の業務・研究の展開にTDMの考え方を活かそう
場  所: 名城大学大学薬学部 八事キャンパス新3号館2階(名古屋市天白区八事山150)
参加費用: TDM学会会員 無料、非会員 1,500 円
      (事前申込が必要です。10月1日受付開始 詳細は勉強会ページを参照ください)
主  催: 一社 日本TDM学会
後  援: 一社 愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、静岡県病院薬剤師会、
      岐阜県病院薬師会
      

2016年9月27日 勉強会の情報を更新しました。
2016年9月23日 平成28年 第2回薬物療法専門薬剤師集中講義のお知らせ

日本医療薬学会より平成28年第2回薬物療法専門薬剤師集中講義のお知らせがありました。

日  時: 2016年11月12日(土)10:00~17:20 13日(日)9:00~16:20
      (両日参加が原則です)
場  所: 愛知学院大学名城公園キャンパス キャッスルホール2階1202
参加費用: 会員 21,600円  一般(非会員)32,400円
申込期間: 9月30日(金)まで(延長の可能性有)
単  位: 薬剤師研修センター 6単位(1日目3単位、2日目3単位)
      日病薬病院薬学認定薬剤師制度 7.5単位
      (1日目:4単位(V-2, 4単位))
      (2日目:3.5単位(V-1, 0.5単位/V-2, 3単位))
      ※1日につき1種類の単位のみ取得可能
      (例:1日目 日病薬、2日目 研修センター)
詳  細:  こちらから詳細をご覧ください
      

2016年9月14日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、PDFファイルをご覧ください。
平成28年熊本県熊本地方の地震における医療用麻薬の県境移動の取扱い等の廃止について

2016年9月8日 名城大学がんプロフェッショナル要請基盤推進プラン 特別講演会のお知らせ

名城大学がんプロフェッショナル要請基盤推進プラン 特別講演会の案内がありました。

日  時: 2016年11月12日(土)14:00-16:10
場  所: 名城大学薬学部新1号館7F ライフサイエンスホール
参加費用: 無料(事前申込みが必要です。11月5日締切)
      *詳細は「勉強会ページ」に案内文を掲示していますのでご参照ください。

2016年9月1日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、通知本文をご覧ください。
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知)

2016年8月31日 臨床薬剤業務のためのフィジカルアセスメント研修会のお知らせ

下記の日時にて臨床薬剤業務のためのフィジカルアセスメント研修会を開催します。
詳細は「勉強会ページ」に案内文を掲示していますのでご参照ください。

日  時: 2016年10月1日(土)13:30-17:15
場  所: 名城大学八事キャンパス新3号館 302-304
参加費用: 5,000円(愛知県病院薬剤師会会員で先着30名)
申込期間: 平成28年9月1日(木)~9月23日(金)定員になり次第、受付終了とします。
      (9月1日より前の申込みは不可)

2016年8月10日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より情報提供がありました。
詳しくは、通知本文をご覧ください。
上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤を投与する際の間質性肺疾患に関する留意点について(通知)

2016年7月5日 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016

「日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016」の一般演題の申込フォームが大会ホームページに掲載されましたので、ご確認ください。
日時 : 2016年10月30日(日)
場所 : 長良川国際会議場、岐阜都ホテル

大会ホームページ:http://www.gshp.jp/tokaijoint2016/top.html

2016年7月5日 愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課様よりお知らせ

愛知県健康福祉部保健医療局医薬安全課様より以下の2点について情報提供がありました。
詳しくは、それぞれの通知本文をご覧ください。
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知)
指定薬物として新規に指定される物質を含有する製品の取り扱いについて

2016年6月16日 認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ(WS)・講習会の日程について

平成28年度の認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ(WS)・講習会の日程については、
一社・薬学教育協議会 病院薬局実務実習 東海地区調整機構のホームページに掲載されています。 尚、WSについては人数も限られるため、詳しくは各支部長へご確認ください。

勉強会開催予定情報

詳細はこちら

掲載依頼ページ

2016年10月1日() 13:30-17:15
2016年10月14日(金) 13:00-18:00
2016年10月14日(金) 19:00-20:45
2016年10月15日() 14:00-16:30
2016年10月16日() 13:00-16:15
2016年10月16日() 14:00-17:30
2016年10月22日()~23日()
2016年11月6日() 14:00-17:00
2016年11月7日(月) 19:00-20:45
2016年11月11日(金) 19:00-21:00
2016年11月12日() 10:00-17:20
  2016年11月13日() 9:00-16:20
2016年11月12日() 14:00-16:10
2017年1月28日() 12:30-17:30
日時2016年10月1日(土)13:30-17:15(受付開始時間13:00~)
場所名城大学八事キャンパス新3号館 302~304
〒468-8503 名古屋市天白区八事山150
参加費5,000円(先着30名)
対象愛知県病院薬剤師会会員(会員外の参加はご遠慮下さい。)
申し込み期間平成28年9月1日(木)~9月23日(金)(定員に到達次第、受付終了)
(なお、9月1日以前の申込みは受付できませんのでご了承願います。)
申し込み先〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1-1
愛知医科大学病院 薬剤部内 愛知県病院薬剤師会 学術教育委員会 担当 竹内 正幸、松浦 克彦
共催愛知県病院薬剤師会
主な内容13:00~:受付開始
13:30~13:45:
バイタルアセスメント・フィジカルアセスメントについて(講師:名城大学 黒野先生)
13:45~15:15:
バイタルサイン・フィジカルアセスメント演習 (講師:名城大学 早川先生・黒野先生)
15:15~15:30:休 憩
15:30~16:15:
A班:SimMan3Gを用いた薬物治療の評価と実践(講師:名城大学 黒野先生)
B班:フィジコを用いた心電図の基礎(講師:名城大学 早川先生)
16:15~17:00:
A班:フィジコを用いた心電図の基礎(講師:名城大学 早川先生)
B班:SimMan3Gを用いた薬物治療の評価と実践(講師:名城大学 黒野先生)
17:00~17:15:質疑応答・まとめ
認定日病薬病院薬学認定薬剤師(領域Ⅲ-1:2単位申請予定),日本薬剤師研修センター(2単位申請予定),愛知県病院薬剤師会生涯研修
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3262.7825918998465!2d136.9655143510341!3d35.13709858022824!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60037adb21f6c031%3A0xe9f4187aa97b3071!2z5ZCN5Z-O5aSn5a2mIOWFq-S6i-OCreODo-ODs-ODkeOCuQ!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1472619788123"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年10月14日(金)13:00-18:00
(15日 8:00-12:00 生理学研究所研究会「天然薬物研究方法を考える若手の会」)
場所自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター
参加費大学生・大学院生1,000円、社会人5000円、理事10,000円
事前参加登録が必要です。振込み期限9月15日まで。(詳細はこちらのホームページをご確認ください)
主催天然薬物研究方法論アカデミー
共催自然科学研究機構 生理学研究所 分子神経生理研究部門
後援愛知県病院薬剤師会、日本東洋医学会
主な内容今回のシンポジウムは、「生理学・生物学から学ぶ天然薬物研究」をメインテーマとしました。
現在東洋医学および漢方薬を取り巻く最近の知見・諸問題について、医学・薬学からの視点だけでなく、
生理学・生物学からの視点で漢方薬・天然薬物について新たな研究方法を開発するべく、
ユニークかつ興味深い研究を実践している研究者や臨床家を選定し、基礎研究から臨床へ役立つ有意義な研究会にすべく準備を行っております。
また、10/15日(土)も引き続き8:00-12:00で生理学研究所共催研究会「天然薬物研究方法を考える若手の会」を実施します。
こちらについては、次のホームページをご確認ください。
認定本会は日病薬病院薬学認定薬剤師(受付番号:P04-16-01555)Ⅱ-6(1単位)、Ⅴ-2(0.5単位)、Ⅴ-1(1単位)が認定
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d13595.503708365255!2d137.17686233426994!3d34.94458001086303!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6004bd220373fb47%3A0x1337973f79f38845!2z5bKh5bSO44Kz44Oz44OV44Kh44Os44Oz44K544K744Oz44K_44O8!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1473037622098"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年10月14日(金)19:00-20:45
場所ウインクあいち 10階 1001
参加費500円
主催愛知県病院薬剤師会がん部会
共催愛知県病院薬剤師会 日本イーライリリー株式会社
主な内容がん治療への薬学的マネジメントがもたらす病院経営への貢献
 岩手医科大学附属病院 薬剤部 日本医療薬学会がん専門薬剤師 佐藤 淳也 先生
認定日病薬病院薬学認定薬剤師制度(Ⅱ-5予定) 1単位、日本薬剤師研修センター 1単位
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419985!2d136.88430751559963!3d35.17063738031641!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1473639963873"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年10月15日(土)14:00-16:30
場所ウインクあいち 11F 1103会議室
参加費500円
共催愛病薬、大正富山
主な内容・感染症に関連した薬学部の教育
・結核・非結核性抗酸菌の最近の話題
・胸部画像のみかた-呼吸器感染症を中心に-
・確認テスト
認定日病薬の感染制御専門認定薬剤師1単位、病院薬学V-2疾病・薬物療法1単位、
愛病薬認定の日病薬生涯研修1単位、日本薬剤師研修センター1単位
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419894!2d136.88430751529788!3d35.170637380316634!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1468201315087"></iframe><br />

大きな地図で見る

副題かかりつけ薬剤師と連携した問題解決型チーム医療の推進:ハイリスク患者に対する薬物療法管理支援のための環境整備
日時2016年10月16日(日)13:00-16:15
場所名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館 大会議室
参加費無料(先着80名)
以下のURLから参加申込用紙を入手してお申し込み下さい。
名大病院薬剤部Webサイト
共催つるまい薬薬薬連携協議会、一般社団法人 愛知県病院薬剤師会
後援名古屋市薬剤師会
主な内容13:00 - 14:30
・PD患者に対する看護支援について 入院編
名古屋大学医学部附属病院看護部 高井奈美
・PD患者に対する看護支援について 在宅編
第二成田記念病院看護介護部 中林吉雄先生
14:45 - 16:15
・VAD装着患者に対する看護支援について
名古屋大学医学部附属病院看護部 安立なぎさ
・外来患者に対する薬物療法管理支援について
名古屋大学医学部附属病院薬剤部 矢野亨治
認定以下の認定制度の単位取得を予定しています。ただし、同時取得はできません。
・日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師制度2単位(第1回: V-2, 第2回および3回: Ⅲ-2)
・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度 2単位
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.926692323078!2d136.91949731543096!3d35.158448966071745!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600370be056e345f%3A0x8c9b09c2b77cb552!2z5ZCN5Y-k5bGL5aSn5a2m5Yy75a2m6YOo6ZmE5bGe55eF6Zmi!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1460592771757"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年10月16日(日)14:00-17:30
場所TKP名古屋駅前カンファレンスセンター ホール8A
参加費500円(参加資格:薬剤師)
SGD申込書を別添させて頂きます。
共催愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会、東海地区感染制御研究会、大日本住友製薬株式会社
後援静岡県病院薬剤師会
主な内容14:00~14:15 【製品紹介】 大日本住友製薬株式社

14:20~15:00 【基調講演】 「Bacillus属」
愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 准教授 山岸 由佳 先生

15:10~15:15 【SGD説明】 安城更生病院 薬剤部 奥平 正美 先生

15:15~17:00 【SGD】1症例1グループ司会進行 中部労災病院 薬剤部 中根 茂喜 先生
チューター 愛知医科大学病院 感染制御部 客員教授 森 健 先生

「肺炎治療中に発症したCVカテーテル感染及び真菌性眼内炎の1例」
聖霊病院 薬剤部 伊東 健司 先生

総合コメンテーター
愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授 三鴨 廣繁 先生
認定本会は日本化学療法学会・抗菌化学療法認定薬剤師、感染制御専門・認定薬剤師、日病薬病院薬学認定薬剤師制度Ⅳ-2領域、
日本薬剤師研修センター、愛知県・三重県・岐阜県の各県病院薬剤師会生涯研修認定に該当する単位の申請を行っております。
会終了後確認テストを実施致します。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.2788854099317!2d136.88270341559965!3d35.174600980315574!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376e8c70a9ed1%3A0x454cc7693d6c0ddc!2zVEtQ5ZCN5Y-k5bGL6aeF5YmN44Kr44Oz44OV44Kh44Os44Oz44K544K744Oz44K_44O8!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1473898408897"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年10月22日(土)~23日(日)
第1日目14:00~17:45、第2日目9:00-12:25
場所名古屋市立大学(桜山(川澄)キャンパス)総合情報センター川澄分館3階「さくら講堂」
参加費会員:7,000円、非会員:8,000円
申込み受付期間平成28年8月8日(月)~10月7日(金)
申込み方法については、APJHP(愛病薬雑誌)Volume44,Number1 June29,2016のP.35をご参照ください。
主催日本薬剤師会
共催日本病院薬剤師会・日本薬剤師研修センター・愛知県病院薬剤師会
主な内容【第1日目】
○薬剤師を巡る最近の話題(日本薬剤師会担当役員)
病院・診療所薬剤師の在り方
講師:一般社団法人日本病院薬剤師会 会長 木平 健治 氏
薬物動態やDIを実臨床でどう活用するか
講師:東京大学医学部附属病院薬剤部 助教・副薬剤部長 大野 能之 氏

【第2日目】
薬のリスクから患者を守る!! 継続した患者観察を通して,薬物治療時のリスクを最小化する
講師:山口大学大学院医学系研究科 教授・山口大学医学部附属病院 薬剤部長 古川 裕之 氏
薬学的臨床推論を生かして!高齢者の薬物治療・ポリファーマシーを攻略する-医師の視点から-
講師:一般社団法人Sapporo Medical Academy 代表理事 岸田 直樹 氏
認定受講シールは日本薬剤師研修センターまたは日本病院薬剤師会の各制度のいずれか一方
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m16!1m12!1m3!1d3262.6869477870123!2d136.93229121529706!3d35.139484980324134!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!2m1!1z5ZCN5Y-k5bGL5biC56uL5aSn5a2mIOOBleOBj-OCieism-Wggg!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1468201488210"></iframe><br />

大きな地図で見る

副題~多職種共同症例検討より抗がん薬曝露対策について考える~
日時2016年11月6日(日)14:00-17:00
場所TKP名古屋駅前カンファレンスセンター ホール8A
参加費500円 先着80名(事前FAX申込みにて定員に達し次第締切)
共催愛知県病院薬剤師会、持田製薬株式会社
主な内容13:45~14:00 情報提供 持田製薬株式会社

総合司会 中部労災病院  薬剤部 山口智江 先生
14:00~15:00 基調講演
座長:愛知県病院薬剤師会専門薬剤師教育委員会 委員長 板倉 由縁 先生
「今日から見直す抗がん剤曝露対策」
~ガイドラインを利用したリスクの発見と改善策の考案~
演者:埼玉県立がんセンター薬剤部 副技師長 中山 季昭 先生

15:00~17:00 ワークショップ
抗がん薬曝露対策について考える
~患者さんを主眼に、多職種連携を中心に~
Small Group Discussion形式でのディスカッションを予定しています
認定◆日本薬剤師研修センターの認定単位として2単位取得可能です。
◆下記の病院薬学認定薬剤師の単位認定予定です。2単位(領域Ⅳ-1)
◆日本薬剤師研修センターと病院薬学認定薬剤師との同時認定はできません。
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.2788854099317!2d136.88270341559965!3d35.174600980315574!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376e8c70a9ed1%3A0x454cc7693d6c0ddc!2zVEtQ5ZCN5Y-k5bGL6aeF5YmN44Kr44Oz44OV44Kh44Os44Oz44K544K744Oz44K_44O8!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1473898408897"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年11月7日(月)19:00-20:45
場所ウインクあいち 10階 1001
参加費500円
主催愛知県病院薬剤師会がん部会
共催愛知県病院薬剤師会 帝人ファーマ株式会社
主な内容腫瘍崩壊症候群におけるリスクマネジメント
名古屋第二赤十字病院 血液・腫瘍内科部長 内田 俊樹 先生
認定日病薬病院薬学認定薬剤師制度(Ⅲ-1予定) 1単位、日本薬剤師研修センター 1単位
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419894!2d136.88430751529788!3d35.170637380316634!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1468201315087"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年11月11日(金)19:00-21:00
場所ウインクあいち 5F 小ホール2
参加費1,000円
研究会ホームページより事前参加申込をお願いします。
共催中部腎と薬剤研究会、アステラス製薬株式会社、愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会
主な内容 一般講演
座長 中部ろうさい病院 薬剤副部長 重共 孝一先生
「腎臓とトランスポーター」
中部ろうさい病院 薬剤部 片野 貴大先生
特別講演
座長 腎血液浄化科 部長 志水英明 先生
「腎炎・ネフローゼに対する新しい薬物療法」
名古屋大学院医学系研究科 病態内科学講座腎臓内科学 教授 丸山 彰一 先生
認定1)日病薬病院薬学認定薬剤師制度(領域:Ⅴ-2) 取得予定
1)日本薬剤師研修センター認定薬剤師制度 取得予定
(上記単位はどちらか一つのみ)
2)愛知県・三重病院薬剤師会 研修単位 取得予定
3)日本腎臓病薬物療法学会 認定薬剤師制度 取得予定
4)透析療法指導看護師認定 取得予定
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3261.4378770419894!2d136.88430751529788!3d35.170637380316634!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x600376dc487efcf3%3A0x22fddd7f742f87fe!2z44Km44Kk44Oz44Kv44GC44GE44Gh!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1468201315087"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年11月12日(土)10:00-17:20 13日(日)9:00-16:20
(両日参加が原則です)
場所愛知学院大学名城公園キャンパス キャッスルホール2階1202
参加費会員 21,600円  一般(非会員)32,400円
申込期間9月30日(金)まで(延長の可能性有)
単位薬剤師研修センター 6単位(1日目3単位、2日目3単位)
日病薬病院薬学認定薬剤師制度 7.5単位
(1日目:4単位(V-2, 4単位))
(2日目:3.5単位(V-1, 0.5単位/V-2, 3単位))
※1日につき1種類の単位のみ取得可能
(例:1日目 日病薬、2日目 研修センター)
詳細こちらから詳細をご覧ください
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3260.718909585888!2d136.90302195106042!3d35.188557864343736!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60037134603c0877%3A0x4e351275da943a44!2z5oSb55-l5a2m6Zmi5aSn5a2m5ZCN5Z-O5YWs5ZyS44Kt44Oj44Oz44OR44K5!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1474589734585"></iframe><br />

大きな地図で見る

日時2016年11月12日(土)14:00-16:10
場所名城大学薬学部新1号館7F ライフサイエンスホール
参加費無料(事前申込みが必要です。11月5日締切)
東海がんプロフェショナル養成基盤推進プランのホームページからも参加登録が可能です。
主催東海がんプロフェショナル養成基盤推進プラン
主な内容臨床試験の世界への誘い
14:00~15:00 なぜ臨床試験は必要か?
 国立がん研究センター東病院 呼吸器外科科長 坪井正博先生
15:10~16:10 臨床試験のための統計学的視点
 NPO法人 JORTC統計部門 小山田隼佑先生
認定日本薬剤師研修センター・日本臨床腫瘍薬学会 認定単位申請中
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3262.7797383655266!2d136.9675642155987!3d35.13716978032473!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60037adb218a2747%3A0xf7a9c99fae9a1eeb!2z5ZCN5Z-O5aSn5a2m6Jas5a2m6YOo!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1473304868248"></iframe><br />

大きな地図で見る

テーマ薬剤師の業務・研究の展開にTDMの考え方を活かそう
日時2017年1月28日(土)12:30-17:30
場所名城大学大学薬学部 八事キャンパス新3号館2階(名古屋市天白区八事山150)
参加費TDM 会員 無料、非会員 1,500 円
(10月1日受付開始。申込み方法等詳細については、表題の【詳細情報はこちら】をご確認ください。)
主催一社 日本TDM学会
後援一社 愛知県病院薬剤師会、三重県病院薬剤師会、静岡県病院薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会
主な内容【プログラム】

12:30-12:35 開会挨拶 奥田 真弘(三重大学医学部附属病院 日本TDM学会理事)

12:35-13:20 巻頭講演(大学教員と病院薬剤師のパートナーシップ)

座長:名城大学薬学部薬学教育開発センター 長谷川 洋一

「薬剤師・臨床系教員の協働連携によるTDM研究活動のさらなる活性化」

演者:安城更生病院 教育研修・臨床研究支援センター 三浦 崇則

目的:病院薬剤師がTDMに関する研究活動をする際に臨床系教員とどのような協働連携をしたら発展的研究ができるのか
クリニカル・アカデミック・ジョイントワークショップに繋げる話題提供を目的とします。

13:20-15:10 スキルアップワークショップ(症例から学ぶ)

 ナビゲーター: 名古屋共立病院薬剤部 穂積 廣

 ナビゲーター: 安城更生病院薬剤部 万塩 裕之

「症例から治療に活かす薬物モニタリングとアセスメントを学ぶ」

目的:計算だけではないTDMの視点を意識することで、薬学的なアセスメントを充実させる方法を提案するワークショップです。
大学で得たTDMの“知識”を処方監査から病棟業務、医師とのディスカッションにおいて活かせる実践的な“技術”に還元することを目的とします。

15:10-15:20 休憩

15:20-16:30 クリニカル・アカデミック・ジョイントワークショップ

(現場におけるTDM領域の問題点の提起と発展のためのワークショップ)

座長: 海南病院 薬剤部 杉浦洋二

1グループ9名程度

目的:病院薬剤師がTDMに関する研究活動をする際に臨床系教員とどのような協働連携をしたら発展的研究ができるのか、
また自院にTDMに関する指導者が不在の場合、ヒューマンネットワークをどのように築いてTDMを業務に活用するのか・・
などなど、今困っていることをグループのテーマとしてディスカッションし、情報の共有を目的とします。

16:30-17:20 特別講演

座長:愛知学院大学薬学部医療薬学科薬物動態学講座 浦野 公彦

演者:三重大学医学部付属病院薬剤部 准教授・副薬剤部長
     岩本 卓也 先生

演題:TDMを活用した疑義照会、処方設計支援、そしてエビデンス構築

目的:若い薬剤師がTDMをフル活用した業務・研究の展開ができることを目的とします。

17:20-17:25 閉会挨拶
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3262.7797383655266!2d136.9675642155987!3d35.13716978032473!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60037adb218a2747%3A0xf7a9c99fae9a1eeb!2z5ZCN5Z-O5aSn5a2m6Jas5a2m6YOo!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1473304868248"></iframe><br />

大きな地図で見る